食べるべき料理

大府市共和の絶品ハンバーグ!たがやの知多牛ハンバーグが旨い理由はこれ!

更新日:

たがやの数ある料理の中で
オープン時から不動の人気NO1なのが


知多牛100%ハンバーグ
鉄板単品 200g 980円
鉄板定食 200g 1280円
ランチ  200g 900円

知多牛って何?

知多牛とは知多半島の酪農家さんが飼育しているブランド牛。
「響」と「誉」の2ブランドがあります

たがやのハンバーグは「誉」の方。飼育時間が出荷月齢24ヶ月以上の黒毛和種、肉質等級が3等級以上のもので格別な美味しさを味わえます。

ちなみに「響」も肉質は柔らかく国産牛ならではの甘みがあって美味しいですがこちらは交雑種です。

交雑種とは黒毛和種とホルスタインなどの乳牛種との間に生まれた子供で病気に強いなどの利点があります。

しかし黒毛和種の方がサシ(脂の入り具合)が良かったり赤味の色合いが濃く美味しい牛肉なので、たがやでは黒毛和種を採用させていただきました

こだわりの知多牛100%!

松阪牛ハンバーグとか近江牛ハンバーグ、ブランド牛をうたっているお店がありますが、ブランド牛肉を一部使用というのが多いんですよね。

ブランド牛って1kgにつき5,000円~10,000円なんてざらにします

仮に1kg5,000円の肉のみで200gのハンバーグを作ると5個出来るので1個1,000円になりますよね?提供価格はがんばって2,000円って所になります。

高級店ならその価格で提供できますが、一般のお店なら1,000円位がいい所なので他の肉を混ぜて提供するんです。

たがやのハンバーグは知多牛100%
実はブレンドも考えて試してみた事はあるんですが、混ぜるとやっぱり美味しくないんですよね。

100%の方が絶対的に美味しいここは譲れませんでした。なので肉屋さんにちょっとだけ泣いてもらいました(加藤さんごめんなさい!)

美味しさの秘訣

知多牛100%の時点で当然美味しい!それに加えたがやのハンバーグは2種類のミンチを使っています。

粗引きのミンチと細引きのミンチ

最初に細引きのミンチとつなぎをしっかりこねる。その後粗引きのミンチを加えて和える。

そうすることで、ごろごろっとしっかりした肉感と肉汁のジューシーさが同時に味わえる。そんな工夫がたがやのハンバーグの秘訣なんです。

特製ソースが味の決めて

ハンバーグにかかっている特製ソース!こちらもお店で手作りしているんです

大量のタマネギと適量のニンニクをミキサーしてじっくりと炒める。その後7種類の調味料と一緒に煮立たせる。結構てまかけて作ってますよ!

このソース、牛ロースステーキやトンカツなどにも利用していますので、たがやの常連さんならよく知ってる味ですね。

ロコモコも人気です!

知多牛100%ハンバーグに目玉焼きが乗ったロコモコ
ハワイの名物料理をたがや風にアレンジしました!

たがやの絶品!知多牛100%ハンバーグ
熱々の鉄板で是非ご賞味下さいね♪

-食べるべき料理

Copyright© 知多大府屋たがや , 2019 All Rights Reserved.